ゲーム買取などを行なう業者を利用|自宅に眠ってる骨董品を起こす!

お宝を売る

キーワードを打っている人

買取業者と鑑定士の鑑定料の違い

テレビなどを見ていると、実家に眠っていた骨董品が数百万円で鑑定される光景をたまに見かけますが、自分の家にも似たようなものがあると考える人が多く、近年、骨董品の買取を検討する方が増加しています。骨董品の鑑定は、素人には不可能なため、骨董品の買取を希望するなら、骨董品の買取を専門にしている業者か鑑定士に鑑定してもらう必要があります。骨董品の鑑定料は業者や鑑定士によって様々です。買取業者であれば無料の業者もありますが、鑑定士であれば鑑定料が必要になり、価値があることがわかった場合などに、鑑定書を付けてもらう必要がある場合は、鑑定料に上乗せされます。価格は業者や鑑定士によって大きく違いますので、事前に問い合わせておきましょう。

得意分野を確認しておこう

骨董品の鑑定は、専門で扱っている業者や鑑定士でも難しい場合があります。掛け軸や、陶磁器、茶道具などは、日本だけでも有名な作者は多数存在するため、中国などの作者も含めると完全に把握することは困難と言えるでしょう。そこで注意したいのは、鑑定してもらう業者を1社だけに任せないことです。業者や鑑定士にはそれぞれ得意な分野と不得意な分野がある場合が多いため、可能であるなら、それぞれどのような骨董品の鑑定が得意なのかを把握した上で、業者や鑑定士ごとに骨董品を分けて鑑定してもらうようにしましょう。インターネットで検索すれば、有名な鑑定士や業者であれば得意分野の情報も確認できる可能性が高いので、有効活用するようにしましょう。